<< 水俣 | main | まだまだ、あるみたいです。COBOL >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
自己責任で
日本は、自己責任という考えが薄いと思います。

最近の、食品偽装問題、某派遣企業のデータ○○費の問題。

確かにこういった問題を起こす企業は、悪いといいたい気持ちはわかります。
実際に、悪いでしょう。

では、こういった食品を食べてきた私たちに、責任はないのでしょうか?
また、某派遣会社で働いていた人たちに責任は全くないのでしょうか?

相手を責めるのもわかりますが、食品であれば、例えば、「安い」というのは、「高い」ものに比べれば、それだけ、何かが劣るわけです。つまり、価値と価格を天秤にかけて、私たちは、買い物をします。

また、働くというのは、自分たちが提供できる価値に応じた対価として給与をもらうことです。

これらの天秤がつりあわないと思えば、要はアクションを起こさなければいいのです。
食品であれば、買わなければいいですし、派遣会社であれば、そこを使わなければいいのです。

何か、怪しいなと思っても、「安さ」や「すぐに、誰でも働ける」という部分に手を出した。。または手を出さざるを得なかった。という状況にいた自分を反省してみることも必要なのではないでしょうか?

|キャリアプランニング | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://webnokotonara.jugem.jp/trackback/16

インターネット経済情報局は、金融、ネット情報など、独自の視点で展開するブログです。
*CALENDAR*
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

LINK
*PROFILE*